tetuyasan’s blog

毎日のご飯の記録

1582・6・21「本能寺の変」  ゲームでしか知らない「織田信長。」  6・21「昼と夜」子供見たいな「ご飯」。

 1582・6・21。「本能寺の変」が起こる。もし、「信長が殺されなかったら。」豊臣も徳川も幕府を築く事が出来なかったのか?でも、歴史の流れは変えられない。何度過去に戻っても、「信長は死ぬ。」 TVゲーム大好き人間なので、「信長の野望」とか、やり込みました。

リンゴジュース

 胃が痛くて「お昼は食べられませんでした。」ので、薬を飲む為に。(お砂糖は無し。)薬を飲んで「寝てました。」微熱ぽくて、「アイスノン」が気持ちいい。

 

人間50年

下天のうちをくらぶれば

夢幻の如くなり                                                                     

 

あつもりの一説。走馬灯の様な「オープニング」。

 

 ゲームの話。最近、過去の事を思い出す。「父の事」嫌な思い出の方が心に残る。「旅の話」  まるで、最後に見る「走馬灯」。人は誰でも、死ぬ。遅いか早いかの違い。   信長を「討った」、明智光秀も「3日天下」。秀吉に討たれる。秀吉は長生きしたが、天下は、「徳川家康に奪われる。」

 

夜ごはんも「半分」=子供の食事みたい。

半分の晩ごはん。

*献立*

  • チーズとカニカマのロールサンド。(8切りパン1枚。)
  • マイタケとシメジのコンソメスープ
  • マカロニサラダ(エビ入り)
  • ちくわインキゅうり。
  • あっあっの「ストロベリールイボス」
  •  
  •  
  • 子どものご飯みたい^^。でも、これで、「お薬が飲める。」
  • 自分も最後は、合う言う「達観」した心持で、死ねるのだろうか。
  • 長く病と闘い「病院のベットの上で、 母は「柔らかく、微笑んだような、お顔でした。」最後は苦しまなかった。」天国で暮らす「母」
  • 「地獄で」閻魔様とギャンブルしてる。「父」
  • 同じ墓に眠るが、住む所は違う。
  •  
  • 毒舌は良くない。死ねば皆「仏様」。
  •  
  • 暑くなる。イライラが募る。隣の部屋で「壁をトントン」叩く嫌がらせ。仕方が無い。逃げる事も出来ない。これも定め。「相手を殺す。」信長の時代なら出来たが、今は出来ない。常識のない「大人」。ルールを守れない「大人が多い。」小さな「お城」は適だらけ。敵は「マンションの理事長。」でも、ルール破り粗大ごみを不法投棄。
  •  
  • 平和な日々は訪れるのか?当分は無理だろう。でも、それが人生。生きる事。